事務職として不可欠な即戦力を修得

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)試験はWordやExcel等に関する世界標準の試験であり、日本だけではなく、全世界で実施されています。また、多数の企業において社員教育でも利用されており、企業における知名度も高く、パソコンの利用スキルを証明するためには最適な試験です。
また、日商簿記検定は知名度も高いため、経理および事務職にて就職する際にスキルを証明する資格として活用されています。経理職での就職を考えると2級以上が必要ですが、3級では経理関連知識の基礎が理解できるため、一般事務や営業職での就職の際に必要な知識を身につけることができます。

オフィスIT基礎科においては、これらの試験合格に加え、コンピュータに関する国家試験であるITパスポート試験も受験し、コンピュータに強いオフィススタッフの育成を行います。
また、実践的教育やOJT(職場実習)等、就職に向けてのカリキュラムも充実しており、将来就きたい仕事が決まっていない方も、実際の職場を体験することで、自分の適性にあった職種を見出すことができます。

日商簿記・全経簿記対策

財務・会計の知識を身につけ、お金の流れを理解し、企業の複雑な経済活動の動きを整理・記録するという、経理事務としての力を育てます。

Microsoft Office実習

事務職への就職の際に必須ともいえるExcelやWord、PowerPoint等を基礎から学びます。

事務実践 / プレゼン技法実習
ITパスポート試験対策 ...etc

初心者からでも簿記2級に合格できますか?

全経・日商簿記検定上級の資格取得を目標とし、簿記のスペシャリストを目指しますが、簿記未経験者も多いので、初歩から勉強し、簿記2級まで合格するためのカリキュラムを用意しています。検定合格により、経営管理や経営分析の基礎能力があることが認められます。

簿記以外には何を学べますか?

Excel、Word等のオフィスソフトの基礎から上級テクニックまでを学びます。就職においては、特に事務職を希望する際、これらのソフトが扱えるかどうかということも採用基準のひとつです。使いこなせるということは重要なアピールポイントとなります。

目指せる職種
一般事務、経理事務、税理士補助、総務事務、接客・販売 など
こんな資格が取得できる!
  • 日商簿記検定
  • 日商PC検定(文書作成、データ活用)
  • ITポスポート試験
  • 秘書検定
  • MOS(Word/Excel/PowerPoint/Access)
学校説明会 願書・資料請求 PAGE TOP