事務職として不可欠な
即戦力と応用力を習得する

オフィスIT基礎科では、事務員として働くために必要な知識やスキルを習得することができ、社会人経験者にもおすすめの学科です。簿記検定やオフィスソフト系検定、ビジネス系検定など、様々な資格取得にも力を入れています。簿記やオフィスソフトの操作を初めて学ぶ方も、基礎から丁寧に指導していきますので、安心です。その他に電話・来客応対から決算業務に至るまで幅広い能力と応用力を身につけ、職場で即戦力となる人材を育成します。また、ビジネスで活かせるスキルも習得できますので、販売職や営業職を目指すことも可能です。
また、実践的教育やOJT(職場実習)等、就職に向けてのカリキュラムも充実しており、将来就きたい仕事が決まっていない方も、実際の職場を体験することで、自分の適性にあった職種を見出すことができます。

日商簿記・全経簿記対策

財務・会計の知識を身につけ、お金の流れを理解し、企業の複雑な経済活動の動きを整理・記録するという、経理事務としての力を育てます。

Microsoft Office実習

事務職への就職の際に必須ともいえるExcelやWord、PowerPoint等を基礎から学びます。

事務実践 / プレゼン技法実習 / ITパスポート試験対策 ...etc

コースの特徴はなんですか?

  • オフィスソフトマスターコース
    Excel、Word等のソフトの基礎から上級テクニックまでを学び、オフィスソフトのプロフェッショナルになることを目指します。就職においては、特に事務職を希望する際、これらのソフトが扱えるかどうかということも採用基準のひとつです。使いこなせるということは重要なアピールポイントとなります。
  • 簿記マスターコース
    全経・日商簿記検定上級の資格取得を目標とし、簿記のスペシャリストを目指します。検定合格により、経営管理や経営分析の基礎能力があることが認められ、その能力は経理・財務職等で活かすことができ、銀行や保険会社、証券会社等の大手企業やメーカー企業、会計事務所や司法書士事務所、税理士事務所等への就職の道が拓けます。
取得可能な資格
日商簿記、全経簿記、秘書検定販売士検定、ビジネス電話検定、ITパスポート試験、日商PC検定、Microsoft Office Specialist(Word/Excel/Powerpoint) など
主な職種
一般事務、経理事務税理士補助、総務事務 など