IT技術者に要求される
高度な知識を身につける

IT技術が急速な進化を遂げる中、高度な知識を有する技術者が不足しています。どのIT技術にも共通する「セキュリティ」「ネットワーク」「データベース」の3大分野を主軸として、国家試験で求められる専門知識だけでなくベンダー試験による実践的な知識も含めて学習していくことで、あらゆるシステムに柔軟に対応できるプロフェッショナルを目指していきます。
メトロでは、基礎知識だけではなく、より深い専門知識を身につけることで“企業が今一番求める”エンジニアを目指します。特定の分野に特化した知識やスキルを持つエンジニアはとても重要な人材となります。自己のスキル証明となる多くの資格を取得して高度エンジニアを目指しませんか?

基本-高度情報処理技術者試験対策

各種情報処理技術者試験に合格するための学習を行います。傾向と対策に基づいたわかりやすい指導で高度試験の合格を狙います。

C言語プログラミング

プログラムの基礎となるC言語を学ぶことで、様々な開発言語に柔軟に対応できる技術を身につけます。

Javaプログラミング / アルゴリズム実習
LPIC試験対策 / CISCO試験対策
ORACLE試験対策
...etc

資格は役に立ちますか?

資格自体が役立つこともありますが、特に就職活動において、資格取得のために努力したこと、自己啓発に積極的であることなどが面接の際に評価されることになります。多くの資格の中から取得するものを選ぶ上で大切なことは、自分に必要な資格であることです。これから自分はどうなりたいのか、どういった仕事をしていきたいのかよく考えた上で、その仕事に役立つ資格を取得していきましょう。
取得可能な資格
情報処理安全確保支援士試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、基本 / 応用情報処理技術者試験、CISCO技術者認定、ORACLE認定資格、Javaプログラミング能力認定試験 など
主な職種
セキュリティエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア など