システムの最先端を学ぶ

「IoT」という言葉が注目されるようになってきた昨今、AIやビックデータ、ドローンやVR・AR等、新しい技術が重要視されています。先端技術に触れながら専門的な知識や技術をしっかり学習し、実習を通して応用力を身につけることで、“IoT時代”を生き抜くための高度技術者を目指していきます。メトロには、先端技術を身につけるための環境が整っています。時代の変化に応じて新しい設備を取り入れており、最先端の技術を学ぶことが可能です。多くの企業から重宝されるIoTマスターを目指しませんか?

IoT(Internet of Things)プログラミング実習

AIや機械制御等の様々な分野で活躍する言語を学びます。メインで学習するJava言語とは別に、IoT分野でよく利用されるプログラム言語を学習してより理解を深めます。

AI(人工知能)実習

ロボット制御の要となるAIについて学び、簡単なプログラム実習を通してその仕組みを把握し、理解を深めます。

各種実践演習

教科書を使った勉強だけではなく、実際に機械を動かしたり、コンピュータを制御したりすることで、実践力を養成します。

IoTってなんですか?

「IoT」とは「Internet of Things」、つまり「モノのインターネット」という意味で、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。これまで、パソコンや携帯電話などのモノがインターネットにつながっていましたが、IoTではこれまでインターネットとは無縁だったモノが相互通信し、遠隔からも認識や計測、制御などが可能となります。人が操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることがIoTの特徴です。
取得可能な資格
Javaプログラミング能力認定試験、Pythonエンジニア認定試験 、IoT検定、エンベデッドシステムスペシャリスト、基本 / 応用情報技術者試験 など
主な職種
IoTエンジニア、ゲームプログラマ、エンベデッドエンジニア など